ことり文庫日誌

ことり文庫日誌
お盆休み
ただでさえ、
毎日毎日、毎日毎日、遊びまくっているのに、
姪っ子たちと、朝から晩まで一緒の数日間。

  

  

海、プール(3回)、ホテルにお泊まり、
ジブリのアニメ、カラオケ、居酒屋、連日の夜更かし
お菓子、ジュース、動物園、花火

なんでもあり。

子どものころ、ずーっとひとりっこに憧れていて、
すごく長い時間を、「もし一人っ子だったら・・・」という妄想で過ごしたけれど。

きょうだいなら、せめて、
お姉ちゃんかお兄ちゃんがほしかったと
心から思っていたけれど。

子どもを産んでから、
妹がいてよかった〜、と
思うようになりました。

| comments(2) | - |
盆踊り
御霊神社の盆踊りは、
このうえなく、のどか。

踊れや踊れ。




どの曲もじょうずな、おとなっぽい女の子たち

ゆかた姿の、小学生の男の子たち

盆踊りで、盛り上がれる子どもって、
いいなあ・・・

はれぼうにも、ぜひ、マスターしてもらいたいものです。

・     ・     ・

御霊神社は、ことり文庫から
歩いて10分くらい。

たいてい静かで、ほんとうに、おすすめなので、
ぜひ、訪れる際には、お散歩コースにいれてほしいです。

| comments(0) | - |
散歩の達人
発売中の散歩の達人
「鎌倉・江ノ電特集」に
ちょこっと載せてもらっています。

雑誌の鎌倉特集って、
おしゃれなかんじが多い気がするのだけど、
こちら、おもしろ、にスポットをあてていて。

わたしが、ふだん、鎌倉っていいなあ、と思う
そんな断片が散りばめられていて、とってもよかったです。


このあいだは、この雑誌片手に、
東京からプチ逃避行のおかーさんが、ご来店。

同じ日に、
急にお休みがとれたから、と、
来てくれた方もいて・・・

そうだった。

東京時代、ときどき、行き詰まったときなんかに、
どこかふらっと気分転換できる場所があればいいなあ、と思っていて、
そんな場所になるといいな、って
それも、鎌倉や海の近くを選んだ、理由のひとつでした。


極楽寺周辺、
味のある鎌倉が、たくさんありますよ。

ぜひ、おいでくださいませ。

| comments(0) | - |
ブックカーニバル
5月30日(土)は、
由比ケ浜通りのブックカーニバルに出店します。


店から、絵本や本を、すこし持っていって、
わが家の読み終わった本(古本)も、すこし。

あとは


絵本相談をお受けします。

ふつうに、おすすめの本のご紹介もしますし・・・

子育て、家庭、恋愛、将来
迷っている方、絵本処方箋をお出しします。


そして、ハレハレ文庫も、初出店します。


似顔絵、描きます。

そして、急きょ、前日になって思いついて、
ほかにも、売るものをいろいろ、作りました。

わらべうたで使う、ちょうちょとか・・・
(歌詞付)


しおり


はれぼう得意の、ちょうちょのガーラント。

小さなスワロフスキーがついていて、
サンキャッチャーになります。


キャンドルホルダー


オリジナル絵本

朝日を見に行くお話と、
くまとうさがお散歩にいくお話が
最高すぎて、わたしが買い取りたい想いに駆られています。

3000円とかの値段ついてたら、ごめんなさい、親ばかで。


ハレハレ文庫の店主、
これ、きょう1日で、作ったんです。

みなさん、どうぞ、のぞきにきてね。

| comments(2) | - |
朝日
誕生日が明けて、日の出を、見に。


冬は、寒くて起きられないし・・・

夏は、早くて起きられないし・・・

でも、1年に1回くらいは、
見ておきたいなあ。


日の出る瞬間もいいけど、
おひさまに照らされた町が起きていくようすに
こころはずませて。

| comments(0) | - |
ひけつ
あんまり読んであげてない、とはいえ、
本が身近にあることは、たしかです。


読んであげる、一緒に読む、という行為そのものが、大切。

というのと、もうひとつ、
いつでも手の届くところに本がある、自由に手にできる、というのも、
赤ちゃんにも子どもにも必要だと、思ってます。


| comments(0) | - |
高尾山
お墓参りがてら、
高尾山に、登ってきました。

きもちよさそうだなー、と、
沢に沿って登る、6号路を選択。


観光地だし、となめていたら、
鎌倉のなだらかなお山と違って
高尾山は、けっこう、ちゃんと、山でした。

わたしたちも、へとへと。

はれちゃんは、1度もだっこされず、
ずーっとなんかおしゃべりしながら、3時間、歩ききりました。


今年は、大きな旅行はいかないで、
関東近辺のお山を、歩いてみたいな!

| comments(0) | - |
お寺
公園がほとんどない鎌倉では、
友だちとあそぶとき、
「○○寺いこっか?」となるのが、おもしろいです。


走り回れて、水も日陰もあって。


花嫁さんもいて。


| comments(0) | - |
4つ葉のクローバーと花かんむり
数少ない、絶対の自信のある特技。

それは、4つ葉のクローバーさがし。

子どもの頃から得意で、
もう、探せば見つかるのがあたりまえで
たまに見つからないと、
不安になったり、イライラするレベル。

ひとつじゃ満足できなくて、
3つ4つは、見つけたくなる・・・

しあわせとか、ラッキーとか、
そういうのは、とっくに超えてしまっています。


もうひとつ、シロツメクサを編むことも、
この季節、ごはんを食べるのとおなじくらいあたりまえに
やっていたあそび。

小4のとき、北海道の友だちのところにあそびにいって、
4、5メートルくらいかなあ、編んだのが、最長。

とにかく、編んで編んで編みまくったあの頃、
シロツメクサは、編むものでした。


3歳女子の母になり、花かんむり作りの腕が
さらにあがります。

他の花や葉っぱの取り入れかた、
長持ちするわっかの閉じ方。

いちにちだけのお姫さまのために、毎日に、せっせと作ります。


そう、4つ葉のクローバーを見つけるコツがあって・・・

それは、あちこち探さずに、
ひとつの場所で、じっくり、腰をすえて、探すこと。

これって、人生にもいえることなのでは・・
と、探すたびに、もう、100回くらい、ちらっと思っているけど
応用されたことは、ないのでした。

| comments(2) | - |
極楽寺散歩 その1
山福朱実さんの
「ヤマネコ毛布」原画展、
後半にはいりました。

ここからは、お天気にも、恵まれるといいな。

海に山に街に、
鎌倉は、お散歩にもってこいの
シーズンです。

鎌倉には何度も訪れている
という方も、
極楽寺は・・・なかなかないでしょう〜

おすすのお散歩コースを
ご紹介しますね。


< のんびり歩く、極楽寺散歩 その1 >

・ 午前中に鎌倉につきましょう
・ おうちを出る前に、ごはんをセットしてきましょう
・ 保冷剤と小さな保冷バックを持ってきましょう


江ノ電長谷駅 下車


長谷駅のそば、
道沿いに、ガレージの車でコーヒー販売している
イドバタコーヒー」さんでコーヒーを買います。

(おいしいのです。とくに、アイスコーヒー大好き。
 でも、アイスは季節によってはやってないです。)


コーヒーを手に、5分くらい歩いて、御霊神社へ・・・

(コーヒーやさんから道路をわたって
 ほんの少しいくと左に曲がる角に小さな看板。
 そこから道なりに歩いて・・・右の路地にはいる看板見逃さないように・・・)


静かな御霊神社で、
江ノ電眺めつつ、コーヒーを飲む。

キョンキョンのドラマにもよくでてきた(らしい)神社で、
小さいけど風情があります。

鳥居のすぐ先が線路で、
鳥居越しの江ノ電は、ちょっとめずらしい光景。


鳥居のほうから出て、
まっすぐすすむと、力餅屋さん。

力餅、この季節だけ、草餅になってます。


すこしだけ左にもどって、信号を海のほうにいくと、しらすやさん

ここで、朝採れの釜揚げしらすを買いましょう。
(不漁の日は、解凍品になるけど、十分おいしいです)


もう一度、力餅方面に戻って、
そのまま坂をあがります。

できれば、途中にある「三留商店」で
極楽寺の名産、アナンさんのカレースパイスや、チャイミックスを
お土産に・・・

うっそうとした坂は、極楽寺の切り通しで、
なかなか有名な戦の場所だったらしいです。

左手に、あじさいで有名な、成就院もあります。

(あじさい、今年から3年くらい、見られないらしい)


坂を上がりきると、赤い橋があって、
ここから、トンネルからでてくる江ノ電が見られます。

赤い橋はわたらずに、
線路沿いを左に進むと、すぐに極楽寺駅。


ある世代には「俺たちの朝」でおなじみ
現代では「最後から2番めの恋」でおなじみです。

ちなみに、この夏公開の是枝監督の映画
海街diary」も、極楽寺が舞台です。


駅を通りすぎて、すぐに、パンやさんがあるので
ここで、お昼にするパンを買います。


さらに2分くらい歩くと、ことり文庫〜

とっても小さいけれど、
どうぞゆっくりしていってください。


ことり文庫でのんびりしたら、
そのまま、10分くらい歩いて、稲村ケ崎公園。


芝生の上のほうに、松の木があるので、
その下で、海を眺めなら、パンを食べます。

ここは、凶暴なトンビがいるので、
木の下でないと、食べてはいけません。

(統計によると、なぜか、おばちゃんグループは狙われにくいです)

時間に余裕があれば、
公園の前にある、稲村ケ崎温泉もおすすめです。

黒いお湯!
小さいけれど、気持ちいいです。

(18歳以下ははいれません)


海沿いを10分くらい歩いて、
おとなりの七里ケ浜へ。

道路沿いにある「ダブルドアーズ」で、ゆっくり、お茶をのんで・・・



おうちに帰ったら、
ほかほかごはんに、のりとしらすと生姜をのっけて、さくっと食べて
たのしい1日の、しめくくり。

おためしあれ!

| comments(2) | - |
page top   
1 / 64 pages >>

ARCHIVES
CATEGORIES
ツイッター
LINKS
RSS/ATOM
SPONSORED LINKS