ことり文庫日誌

ことり文庫日誌
トマトさん
まっかな露地栽培のトマト発見すると
買わずには、いられない・・・

あっちでも、こっちでも
おいしそうなトマトを見つけてばかりで、
気がつけば、台所が、トマトだらけ。

食卓にも、毎日トマト。
(塩まぶすだけだけど)

さあ、今年も、この絵本の出番!



「トマトさん」
田中清代 作 福音館書店


ある なつの ひるさがり。
まっかに うれた トマトさんが
トマトのきから どった、と おちた。

太陽がぎらりと照って、暑くてたまらない。

トマトさんが、畑の横を流れる、小川の音に耳をすますと、
ころころぴっちゃん
ミニトマトたちが、小川にとびこんで遊んでいます。

でも、トマトさんは、体がおもくて、動けないのです。

強がるトマトさんですが、
ほっぺが痛いくらい、暑くなって
とうとう、涙がぽろり。

それをみた虫たちが、力をあわせ・・・


ごろん ごろん ごろ ごろ ごろ
じゃっぷーん!

迫力満点のダイブ、
飛び散るしぶき、恍惚の表情

きもちよさそうなことといったら
しあわせそうなことといったら。


暑い日は、水に飛び込むにかぎる。

水遊びしたら、昼寝にかぎる。

トマトにかぎる。


| comments(0) | - |









page top   

ARCHIVES
CATEGORIES
ツイッター
LINKS
RSS/ATOM
SPONSORED LINKS