ことり文庫日誌

ことり文庫日誌
ともだちは海のにおい
ー なにかする、というのも、楽しいものだが、
  なにもしないのも、じつにいい。
  風のかすかなにおいもよくわかるし、
  雲が消えたり生まれたりするのが、すっかり見えてしまう。

               本文より



「ともだちは海のにおい」
工藤直子 作 長新太 絵 理論社


なにもない海。
波も、鳥も、月も。

ただ、空いちめんに、銀の粉になって
星が散るばかりの、夜の海で、ふたりは出会いました。

やさしい、大きなくじらと、
ビロードのようにうつくしい銀色の、すこし甘えんぼうのいるか。

くじらは、本を読むのが好きで、詩や物語も書いて、
ビールが好きで、持ち物は、みんな、口の中にいれています。

いるかは、体操が得意で、あたまをなでてもらうのが好きで、
お茶を飲むのが好きで、部屋にはいっぱいものが置いてあります。


いるかのうちで、それぞれの「かなり」を
いいな、と思い合う日もあります。

シャボン玉の中のように、なんにもないくじらのうちで、
ふたりでビールを飲みながら、眠ってしまう日もあります。

パリのモードに憧れるくじらが、しばらくパリに行ったり、
人魚に手紙を書いたり、誕生日を祝ったり、哲学をしたり、恋をしたり。

こわがりのいるかが、夜、くじらに頭をなでてもらいに行ったり。


一緒の時間と、それぞれの時間と、海の時間とで紡がれる
詩のような物語と、物語のような詩。

・     ・     ・

ゆっくりと文字をたどったところから、
海がやってくる。

ゆらゆら、ゆらゆら、たゆたうように・・・

読んでは眠り
眠っては読み

ぼんやりと、あいまいに。

夏の昼下がりにひらくのに、
もってこいの本です。

しなやかなに生きていくためのヒントが、
あぶくみたいに
あらわれては、パチン、と消えていきます。

| comments(0) | - |









page top   

ARCHIVES
CATEGORIES
ツイッター
LINKS
RSS/ATOM
SPONSORED LINKS