ことり文庫日誌

ことり文庫日誌
ひとりで・・・ その2
もうひとつ
夏の、はじめての「ひとりで・・」は
おとまり。

3歳のはれぼうのお友だちの中には、
もう、ひとり(や、兄弟と)でおばあちゃんちに
おとまりできる子も、いるんです。

すごいねえ・・・

みんなは、どうかな?



「ひとりでおとまりしたよるに」
フィリッパ・ピアス 文 ヘレン・クレイグ 絵
徳間書店


ある日、エイミーは、お母さんに言いました。

「おばあちゃんのおうちに、おとまりにいきたいな。
 わたしひとりで」

それも、3つも、泊まるんですって。

エイミーは、自分のにもつと
3つの宝ものをカバンにつめて、
お母さんと赤ちゃんで弟のビルと犬のボンゾに送ってもらい
おばあちゃんのうちに行きました。

たのしく過ごしても、やっぱり、夜は
おうちを思い出して、さみしくなっちゃう。

おうちからもってきた宝ものを、とりだすと・・・


物語の名手ピアスが紡ぐ、
ほんのすこしの魔法がかかる、ファンタジー。

小さなマットや、木ぼりの馬の力をかりて、
エイミーは、子どもらしい自信をゲット。

そして、おとまりの前より、すこしいろんなものが見えるようになります。


ところで。

見返しや、作中の絵をみると、
じつは、エイミーのおうちと、おばあちゃんちは、
公園をはさんだご近所さん!

ふふふ、かわいい。

そのむかし、近くに住んでいるおばあちゃんのうちに
はじめて妹とふたりでお泊まりしたときに、
夜、妹が泣きだし、おばあちゃんに送ってもらって
夜道をてくてく家に帰ったのを、思い出しました。

わたしたち、宝もの持っていかなかったし・・・

それに、おばあちゃんちのおとまりの部屋、
テレビが観られるのはよかったけど
市松人形もあったんだもんね。



| comments(0) | - |









page top   

ARCHIVES
CATEGORIES
ツイッター
LINKS
RSS/ATOM
SPONSORED LINKS